【ネタバレ】「やがて君になる」アニメの続きのお話(5巻)のネタバレと感想!

先日、やがて君になるのアニメを観てどーしても続きが気になって原作の漫画を買いました!

結論から言うと本当に良い作品でした、こんなに面白い作品に出会ったのは久しぶりです。

この感動を少しでも共有したいので何回かに分けてやがて君になるの感想記事を書いていきます。

今回の記事ではやがて君になる第5巻(主にアニメの続きのお話)の感想を書いていきます。

アニメイトオンラインショップ

アニメの続きは5巻の途中から

アニメ「やがて君になる」では侑と燈子の水族館デートで終わりました。

アニメの感想記事はこちら!

新年一発目の記事は私が2019年最後に観たアニメ「やがて君になる」のご紹介をします。 まさか2019年最後に観たアニメが2019年1番の当たりアニメになるとは思いませんでした。 絵柄が個人的に好みではなかったので食わず嫌いしてましたが最[…]

尊いアニメ-「やがて君になる」のレビューと感想!のアイキャッチ画像

水族館デートは原作の第5巻の途中までなのでそこから続きがアニメ以降のお話になります。

ちなみに、新品で5巻から最終巻である8巻まで揃えると大体2700円くらいで購入できます。(電子書籍だともう少し安く買えます)

生徒会劇の脚本が完成

アニメでは侑と燈子が水族館デートをして終わったので、生徒会劇までは描かれていません。

水族館デートのあと、いよいよ生徒会劇の準備は大詰めに入ります。

記憶喪失の主人公が家族、恋人、クラスメイト、それぞれから聞く自分という人間が全く違うことに戸惑いながら最終的にいづれかの自分を選択する。というのが元々の脚本でした。

しかし、亡くなった姉の代わりになろうとする燈子に変わって欲しいと思っている侑は過去の自分を選ぶのではなく、今の自分自身を受け入れるという脚本に変更することを提案します。

もちろん、それは燈子にとって今の自分自身を受け入れるという脚本は今迄の燈子自身の行いを否定することにもなり、賛成し難い提案でしたが、沙也加をはじめ他のメンバーの賛成もあり、脚本は変更されました。

沙也加は脚本の変更に反対するだろう思っていた侑でしたが沙也加はすんなりと脚本の変更に賛成しました。

それは、沙也加も侑と同じように燈子に自分自身を受け入れられるように変わって欲しいと願っていたからでした。

だからこそ、言ってしまえば恋敵の侑の提案にも賛成しました。そして同時に、燈子に対して一歩踏み込めなかった自分を責めるのでした。

沙也加が自分の思いを侑に打ち明ける

侑はもちろん、喫茶店エコーのマスターの都など何名かは沙也加が燈子のことを好きであることは察していました。

ただ、自分の口から燈子のことを好きであることは言っていませんでした。

しかし、侑が燈子に変わって欲しいと思いそれを劇の脚本として行動に移したこと目にして、沙也加は侑に燈子のことを好きだと打ち明けました。

燈子にとって「特別」ではなく、「みんなの中で1番」であろうとした沙也加にとって自分の思いを打ち明けるということは大きな一歩だったと思います。

そして、侑にとっても自分は燈子のことをどう思っているのか?燈子とは自分にとってどんな存在なのか?を考えるきっかけになったのではないかと思います。



それでも侑を信じる燈子

燈子にとっても、脚本の変更は大きな出来事でした。

自分を手伝うといってくれた侑が、自分の意に反するようなことをしたからです。

脚本の変更をきっかけに侑と燈子の間に距離感が生まれてしまいます。

また、自分の中で生徒会劇の結末を受けられず、演技にも行き詰まってしまいます。

しかし、燈子にとって「侑を好き」という気持ちだけが自分を自分たらしめるアイデンティティでした。だから燈子が侑から離れることは出来ず侑を屋上に連れ出します。

そして、「侑を好き」という気持ちだけが自分だけのものだと侑に伝えます。

しかし、侑はそれだけが燈子のものではないと言います。たとえ、燈子が姉のように振舞っていたとしても侑や沙也加、そして生徒会のメンバーやクラスメイトたちが燈子に対する信頼や友情は姉に対するものではなく燈子に対してものだと言います。だから、燈子は空っぽなんかじゃない、何も無いなんてないと。

姉になろうと、姉の代わりを努めようと必死に頑張ってきた燈子にとって侑のその言葉は素直に受け入れられるものではありませんでした。

それでも、燈子は侑の言葉を、侑のことを、信じて前に進む決心をします。

姉が事故でいなくなってからずっと、姉の代わりとして生きてきた燈子。その燈子にとっての姉のやり残したことでもある生徒会劇はまさに集大成と言っても過言ではないです。

そんな生徒会劇の幕がいよいよ上がります…

5巻のまとめ

5巻のまとめです。

アニメの続きでもあり、やがて君になるの物語の中でも山場となる生徒会劇。そんな生徒会劇に向けて侑や燈子、沙也加たちの関係性や気持ちも大きく変わろうとしています。

そしていよいよ次の第6巻で燈子の姉がやり残したことでもある生徒会劇。そしてその生徒会劇を終えた燈子はどうするのか?

物語が大きく動く第6巻を次の記事でまとめたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう。

次の記事です!

今回の記事は、やがて君になるの6巻の感想とまとめです。 前回の記事では、アニメの続きである侑と燈子の水族館デートの続きの話である原作第5巻についてのレビューやまとめをしました。 今回はその続きです。 アニメの続きが気になる人は前回の記[…]

【侑と燈子の関係が大きく変わる】「やがて君になる」6巻の-まとめ感想です!のアイキャッチ画像