古文文法の形容詞・形容動詞を参考書より簡単に!【古典文法#3】

今回の記事は古典文法を参考書なしで勉強していくシリーズの三回目です。

古典文法が苦手な方は

【古文文法#1】 古典文法の基礎と動詞を誰でもわかるように解説!

【古文文法#2】古文動詞の活用の見分け方を分かりやすく解説!

の2つを先に読んでいただくと今回の記事が分かりやすいと思います。

また、勉強方法については

【古典勉強方法】古文を読めるようになるために必要なこと3つで解説していますので

そちらもお読みいただけるとより効果的です!

関連記事

この記事では高校生や受験生の方で古文に悩んでいる方に向けて 少しでも古文に対する苦手意識をなくしてもらうために 古文文法を何回かに分けて解説していこうと思います。 古文の勉強の具体的な仕方については別の記事がありますので […]

【古文文法#1】 古典文法の基礎と動詞を誰でもわかるように解説!のアイキャッチ画像
関連記事

今回は、古文文法を解説シリーズの2回目を書いていきます。 前回の古文文法の解説記事では、 品詞と活用の基本そして、動詞の活用形について確認しました。 [word_balloon id="1" position="L" si[…]

古文動詞の活用の見分け方を分かりやすく解説!【古文文法#2】のアイキャッチ画像
関連記事

この記事を読んでくれている受験の方、古文は得意ですか? 恐らく大半の人が苦手だと思います。 [word_balloon id="2" position="L" size="M" balloon="talk" name_positio[…]

【古文を読めるようになるには?】-古文を勉強するうえで-大切なポイント3つ!.のアイキャッチ画像

前置きが長くなりましたが

本題の形容詞・形容動詞・音便をやっていきましょう!

形容詞

早速、形容詞からやっていきましょう。

形容詞は文字通り人や物、事の状態や性質を表す言葉で

中学校の国語の授業でも習っているはずなので

感覚的にも分かりやすいと思います。

古典の形容詞は2種類

古典の形容詞は2種類あり、

  • ク活用
  • シク活用

の2種類があります

ク活用とシク活用の見分け方は簡単で

形容詞の下に「なる」をつけるだけです

例えば…

  • 「高し」に「なる」をつければ「高なる」なので「活用」
  • 「美し」に「なる」をつければ「美しくなる」なので「シク活用」

といった具合です。とっても簡単です!

ク活用とシク活用の活用

次はク活用とシク活用の活用について確認しまいましょう。

形容詞(形容動詞も)用言なので

動詞と同じように活用(文章のなかで形が変わること)があります。

動詞の活用については過去の古典文法の記事をご覧ください!

形容詞の活用表

シク活用 ク活用 活用の種類
美し 高し 基本形
語幹
しから | しく から | 未然形
しかり | しく かり | 連用形
〇    | し   〇   | 終止形
しかる | しき かる | 連体形
      〇    |しけれ     〇   | けれ 已然形
しかれ |  〇 かれ |  命令形

上の表が形容詞の活用表です。

赤くなっている文字についてはあとで解説します

ここでひとつ確認しておきたいのが古文では活用が2行あるものがあります

活用が2行あるものは

  • 右の行を本活用
  • 左の行を補助活用

といいます。本活用と補助活用があるときは

補助活用は下に助動詞を置くことができ

それ以外の品詞は本活用の下に置く

というルールがあります。

後々やる助動詞のときに役に立つので覚えておけると便利です!

形容詞の活用表の覚え方

形容詞の活用表の覚え方ですが

動詞の活用と違って全部覚える必要はありません。

関連記事

この記事では高校生や受験生の方で古文に悩んでいる方に向けて 少しでも古文に対する苦手意識をなくしてもらうために 古文文法を何回かに分けて解説していこうと思います。 古文の勉強の具体的な仕方については別の記事がありますので […]

【古文文法#1】 古典文法の基礎と動詞を誰でもわかるように解説!のアイキャッチ画像

形容詞の活用表で覚えなければいけないのは

上の活用表のなかで赤い文字になっている。

く・く・し・き・けれ

だけです。

簡単活用表をよーく見てください。

まず、補助活用(右の行)はラ行変格活用に「か(しか)」がついただけです

つぎに、シク活用の本活用(左の行)はク活用の本活用に「し」がついただけです

なので、ク活用の本活用とラ行変格活用が覚えられていれば

もうク活用とシク活用がおぼられているのと同じです。

「か」+ラ変の活用はこれからも使うので覚えておいてください

形容動詞

次は形容動詞をやっていきましょう。

形容動詞は基本的には形容詞と同じなので

形容詞ができていれば簡単なのでさくさくやっていきましょう。

形容動詞も活用は2種類

形容動詞も形容詞と同じで活用は2種類で、

形容動詞の活用はナリ活用とタリ活用の2種類です。

そして、形容動詞は形容詞より簡単に見分けられます!

形容動詞は、終止形を見るだけです。

例えば…

  • 「静かなり」だからナリ活用
  • 「堂々たり」だからタリ活用
とっても簡単!

形容動詞の活用表

タリ活用 ナリ活用 活用の種類
堂々たり 静かなり 基本形
堂々 静か 語幹
たら なら 未然形
と|たり に|なり 連用形
たり なり 終止形
たる なる 連体形
たれ なれ 已然形
たれ なれ 命令形

 

形容動詞の活用も簡単で、

それぞれ連用形の「に」と「と」だけ覚えてくれれば

ラ行変格活用に

「な」をつければナリ活用

「た」をつければタリ活用です。

形容動詞の活用に補助活用はありませんが

連用形のときだけ

「なり、たり」の下に助動詞が来るので気をつけてください。

応用編:注意したい形容詞の訳(aをbみ)

今からお話しすることは応用のお話しなので

古典が苦手な方は飛ばしてもらって大丈夫です。

古典の文章はよく和歌が出てきます、

その和歌の中で出来る形容詞は注意しなければならない訳のパターンがあります。それが

A(を)B  み

の形になっているときです。

この「A(を)Bみ」の形になっているときは、

「AがBなので」

と訳します

例えば…

「瀬を早み」

という文なら

「川瀬の流れが速いので」

という風に訳します。

これは追々理解してくれれば大丈夫です。

今はわからなくても気にしないで下さい。

次の記事では係り結びと音便について解説します

次回の記事では係り結びと音便について解説したいと思います。

それが終わればいよいよ古典文法のなかで1番の山となる助動詞に入っていきます。

まだまだ古典文法の解説記事は続くので是非是非お読みください!

それではまた次の記事で!

最後までお読みいただきありがとうございました!